2014年2月8日土曜日

VMwareESXi でHDD障害

5年ほど使っているHDDが寿命を迎えつつあるようで、
月曜日ぐらいから一部の仮想OSの動作が遅くなり、

2・3日後には、仮想OSで
HDDへの書き込み・読み込み遅延によるエラーが発生したり、
まったく応答しなくなる状態になってしまってました。

復旧までは流れは


  1. 念のため、vShereClientから現状のデーターを丸ごとPCに保管
  2. インベントリから該当仮想OSの登録削除し、vSphereClientを使って
    別のHDDにデーターの移動を実施。
     →なぜかファイルにロックがかかっていて、移動できず終了。
      この段階で、ESXiを再起動するとデーターの移行もできそうにないと判断し、
      再起動は最終手段と決めました
  3. PCに保管しているデータを使って、別のHDDにデータを移行。
  4. vmkfstoolコマンドを使って、仮想HDDデータのみ移行
    →ちゃんとデータが移行できるか不透明だったので、
      2系統の方法で同時に試してみることにしました。
  5. [3.]で移行したデータを使ってインベントリに追加
  6. 新規作成した仮想OSで[4.]のHDDを使用
  7. [5.][6.]両方ともに稼働。
  8. PCで移行したデータは、シンプロビジョニングでなくシックになってしまったので、
    vmkfstoolコマンドでシンプロビジョニングに変換
  9. 稼働に成功するも全体的に仮想OSの反応が鈍いので、
    障害のHDDの影響も考え、HDDをフォーマット
     →ファイルのロックによりエラーで、フォーマットできず
  10. ESXi再起動
  11. 障害のHDDがグレーアウトするも、再フォーマットができるようになり、
    再フォーマット後、正常にマウントができるようになる。

このESXiには、同じ型番で同じ時期購入したHDDがあと3台乗せているので、

ebayなら、HP純正RAIDカードが1万ぐらいであるから、
これを機会にRAIDカードを購入して、
3TBx2のRAID1で組み直すか思案中です。





0 件のコメント:

コメントを投稿