2015年4月14日火曜日

Juniper SRX でIPoE方式のIPv6

Cisco2901とFortiGateの組み合わせで
IPv6をなんとか使っていますが、
ルーターを多段で使うことに抵抗があるので、

勉強用に購入したまま放置していたJuniper SRXで
IPoE方式のIPv6を試してみました。

DHCP-DPの設定
Configuring Auto-Prefix Delegation



結果は、微妙。。。。

一応DHCP-DPに対応しているので、
ホームゲートウェイからIPの権限委譲がされるのですが、
移譲されたプレフィックスを自由にコントロールできなかったです。


各ゾーンに手動でプレフィックスを割り当てれば大丈夫なのですが、
Ciscoのように、動的にプレフィックスを払い出す方法が、
見当たらなかったです。


今の構成を置き換えるほどの価値を感じられなかったので、
とりあえずJuniper SRXは、撤去。

やはりCiscoASAが必要かな






0 件のコメント:

コメントを投稿